名古屋 南区 背中の痛み

【完全予約制】Tel:090-1754-4466

名古屋 南区 背中の痛み

2016-04-19

背中の痛みの原因は運動による筋肉痛や姿勢の悪さなどが関係していますが、原因がはっきりしない場合には注意が必要です。
背中と内臓には密接な関係があり、また右側、左側の痛みによっても原因が変わることがあります。
痛みの原因は、筋肉疲労から内臓の病気までいろいろなものがあります。
まず背中の痛みの原因としてあげられるのは、背中の筋肉が緊張したり、負荷がかかりすぎて疲労する背中のこりや筋肉痛です。
痛みの度合いや症状もさまざまで、すぐに改善するものから長期間にわたる慢性的なものまであります。
骨がずれてしまったり歪みによっても、背中の痛みが起きます。
背骨や首の骨が変形して痛みを感じたり、背骨の骨折などで痛くなることもあります。背中以外の部分に大きな衝撃を受けて、打撲や捻挫をして体
全体の歪みから背中の歪みにつながり痛くなることもあります。
それから、意外に思われるかもしれませんが、内臓疲労や内臓疾患が原因で背中の痛みが生じることもあります。
呼吸器系の疾患から循環器系、腎臓、消化器系、子宮疾患まで多岐にわたります。
その他の原因として、寝違えたり筋を違えたり、事故によるむち打ち症などで首が痛い時に首から背中の上の部分が痛むことがあります。
痛みが感じられる部位によって起こる原因や疑われる病気は異なってきます。
今回は背中の真ん中・右側・左側・首から胸の痛みそれぞれの部位から引き起こす病気を紹介しています。
1.背中上部・首・肩にかけての痛み
≪主な症状≫
 ・首、肩、背中にかけて違和感、不快感、だるさ、しびれ、鈍痛などを感じる
 ・首、肩、背中の辺りがずっしりと重く感じる
 ・肩~首すじがガチガチにこわばっている、または張っている
 ・肩から腕にかけてしびれがある
≪その他の症状≫
 筋肉疲労による筋肉の硬化、コリや痛みがあり、一般的な肩こり・腰痛などに分類されます。
2.背中上部・肩・腕・首から肩甲骨にかけての痛み(上肢のしびれ 胸郭出口症候群)
≪主な症状≫
 ・上肢のしびれ
 ・肩や腕、肩甲骨周囲の痛み
 ・前腕尺側と手の小指側に沿ってうずく
≪その他の症状≫
 前腕尺側と手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛み・しびれ感・ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。
手指の運動障害や握力低下のある例では、手内筋の萎縮により手の甲の骨の間がへこみ、手のひらの小指球筋が痩せてきます。
鎖骨下動脈が圧迫されると、上肢の血行が悪くなって腕は白っぽくなり、痛みが生じます。鎖骨下静脈が圧迫されると、手・腕は静脈血のもどりが悪くなり青紫色になります。
3.胸の痛みがあり背骨を後ろから押されたような圧迫感がある(胸椎前方変位)
≪主な症状≫
・胸の痛み(特に深呼吸時)
・背骨を後ろから押されたような圧迫感
・上向きで寝れない
≪その他の症状≫
胸椎前方変位(背中のほうにある緩いカーブが前方へ出てしまうこと)がみられる。
ダンサーなどの柔軟性を必要とする仕事の人に多く見られます。
原因としては上半身を後ろに反らせた姿勢を多くとるなど胸椎を前方に反らせるような圧力が継続的にかかることによります。
4.背中の右側が痛い(肝炎・急性肝炎)
≪主な症状≫
・背中の右側が痛い
・全身がだるい(全身倦怠感)
・発熱、食欲不振、吐き気、嘔吐
・黄疸
≪その他の症状≫
発症の仕方や症状の経過から大きく3つに分類され、突然発症し一過性の急肝炎、6か月以上の症状のおさまらない慢性肝炎(数値が正常に戻らない)、急性肝炎のうち1週間から10日で死に至ることが多い劇症肝炎があります。
5.背中の右側が痛い、疲れやすい(肝臓がん)
≪主な症状≫
・腹部のしこり
・圧迫感
・腹部の張り感
≪その他の症状≫
肝硬変に伴う症状として食欲不振・ダルさ・微熱・便秘・下痢・貧血・むくみ・皮下出血などがあります。
肝硬変が進行すると腹水が出現したりアンモニアが代謝されずに貯蓄することによる肝性脳症という意識障害を起こすこともあります。
6.右肩から右背中にかけて響くような痛み(胆石症)
≪主な症状≫
・みぞおちから右上腹部にかけて突発的な激しい痛み
・吐き気、嘔吐
・黄疸
・尿の色が濃くなる
≪その他の症状≫
上腹部の違和感、腹部膨満感、背中や右肩なコリや痛みを伴うことがある。
7.右肩や背中、みぞおちや肋骨下あたりの痛み(胆嚢炎)
≪主な症状≫
・発作的な痛みで激しく長く続く
・腰痛
・高熱、吐き気、嘔吐
・黄疸
≪その他の症状≫
持続した炎症が続くと右腹腔内での癒着が出現することがある。
8.背中の右側の痛み、発熱(胆嚢がん、胆管がん)
≪主な症状≫
・上腹部の痛み
・黄疸
・右上の腹部にしこり
≪その他の症状≫
全身倦怠感、腹痛、発熱、食欲不振、体重減少など
9.背中の左側から左下の痛み(膵炎)
≪主な症状≫
・みぞおちから左脇腹上部にかけての痛み
・吐き気、嘔吐、下痢、便秘
≪その他の症状≫
痛みは軽いものからじっとしていられないほどの激痛まであり様々です。
特に油分の多い食事をした後やアルコールを多く飲んだ後に起こることが多い。
膝を曲げて腹ばいになると痛みが和らぐことがあります。
10.背中の左側から左下の痛み(膵臓がん)
≪主な症状≫
・みぞおちに鈍痛
・胃のあたりや背中が重苦しい
・体重の減少
・黄疸
≪その他の症状≫
体が痒くなったり、尿の色が濃くなったりします。黄疸が出現すると膵頭部にがんができて胆管が詰まってしまった時に起こります。
膵臓がんになると糖尿病を発症したり血糖のコントロールが悪くなったりすることがあります。
11.背中の左側から左下の痛み、腹部の痛み(胃炎、神経性胃炎)
≪主な症状≫
・胃のあたりに不快感や痛みがある
・胃のむかつきや嘔吐(吐血することも)
・体がだるい、食欲不振、頭痛
≪その他の症状≫
空腹時や夜間の胸やけ、食後のむかつきは慢性胃炎に特有のものではなく、胃潰瘍・胃がんなどでも同様の症状がみられます。
症状が全く見られない場合もあります。
12.背中の左側から左下の痛み、胃のあたりの痛み(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)
≪主な症状≫
・みぞおち、胃の痛み
・出血して吐血
・穿孔
≪その他の症状≫
腹痛がみられます。前兆として腹部不快、軽い腹痛を示すことがまれにありますが、通常は急激な腹痛が突発的に起こります。
痛みは持続し、初めは限られた部位だけですが、次第に腹部全体に及びます。
そのほかの症状として吐き気・嘔吐、発熱、頻脈がみられます。病気が進行している場合には、脱水・ショック状態に陥ることもあります。
13.背中の左側から左下の痛み、腹部の痛み(胃がん)
≪主な症状≫
・上腹部の痛み
 
・漫然と続く胃の不快感
 
・食欲不振
 
・吐き気が続く
 
・胸のもたれ
 
・黒色の便が出る(胃がん初期症状)
≪その他の症状≫
げっぷの頻発、漠然とした不快感といった症状が出たり消えたりするようになります。
このような胃がんに共通してみられる症状に加えて、がんが食道につながる胃の入り口で大きくなった場合は、食物が噴門近くで停滞し、つかえ感
胸やけなどの症状が出現します。
14.背中の左側から左下の痛み、みぞおちから左胸にかけての痛み (狭心症)
≪主な症状≫
・胸の中央部が締め付けられる
・押しつけられているような圧迫感がある
・胸からのドにかけての痛み
・左肩、左腕などの痛み
≪その他の症状≫
痛みは左肩・腕や顎までひろがり、みぞおちに胃の痛みのように感じられることもあります。息切れすることもあります。
痛みの場所はあまりはっきりしないのが一般的です。「この一点が痛い」と指で示せるような場合は心配ないと思っていいでしょう。
症状の持続時間は数十秒から数分で、もっと短い場合は心配ないといってよいでしょう。
15.背中の左側から左下の痛み、胸の前部に痛み(心筋梗塞)
≪主な症状≫
・強い胸部の痛みや苦悶感が生じ15分以上持続する
・顔面蒼白
・冷や汗
・除脈
・血圧の低下
≪その他の症状≫
局所の貧血が解消されなければ痛みや苦悶感が数時間以上続く。
脈拍の上昇などを伴い、意識不明に陥ることもある。
この他にも背骨(脊椎)の変形などが原因で起こるものもあります。
1.脊椎後湾症(円背、猫背、亀背)≪主な症状≫
 ・かなりの猫背である  ・腰痛がある
2.脊椎側弯症≪主な症状≫
 ・裸になって背中を見た時に、通常は真っ直ぐなはずの背骨が横に曲がっている
 ・肩やウエストの高さが左右で違う   ・腰痛がある
3.胸椎前方変位≪主な症状≫
 ・胸の痛みがある(特に深呼吸をした時に激しく痛む)
 ・背骨を後方より押されたような圧迫感がある   ・上向きで寝れない
4.骨粗しょう症
≪主な症状≫
 ・腰や背中に長くしつこく続く痛みがある
 ・以前より背中や腰が丸まってきた(曲がってきた)
≪その他の特徴≫
・閉経後の50歳以上の女性に圧倒的に多く、高齢になるほど発症しやすい。男性にはほとんどみられない
5.強直性脊椎炎≪主な症状≫
 ・腰や背中が重たく感じたり、固くこわばって動かしにくい。 ・または筋肉痛のような痛みがある
≪その他の特徴≫
・日本の患者数は400~500名で珍しい病気。患者のほとんどが10~20代の若者で、男性に非常に多い(女性の5~10倍)
6.化膿性脊椎炎≪主な症状≫
 ・背中や腰に急で激しい痛みがある。 ・患部を叩くと強く痛み、安静にしていても痛む
≪その他の特徴≫
 ・寒気や発熱など風邪のような症状が出ることもある
7.脊椎カリエス≪主な症状≫
 ・腰や背中の中心に鈍い痛みやコリ、動きの違和感を感じる
 ・全身のだるさや食欲不振、微熱など
≪主な原因≫
 ・結核菌による病気で、結核患者からの感染、過去に結核にかかった際に残ったウイルスなど
 ◎日常生活で気を付ける事
1.姿勢に気を付ける
同じ姿勢で長く立ち仕事する調理台などは、前屈みにならないよう補助台を置くなどして自分に合った高さに調節する工夫をしましょう。
また、パソコンなどのデスクワークで座り続けることの多い人はいすに深く座り、背骨を伸ばし、膝、足首が90度になるように高さを調節するなど、
姿勢に気を配りましょう。また、寝るときの高すぎる枕も背中の筋肉に負担をかける原因になりますので、注意しましょう。
2.肩と背中の筋肉を鍛える
日頃から、腹筋と背筋を鍛える運動を心がけましょう。仰向けに寝た状態で腰の下にたたんだタオルを当て、自転車を漕ぐように空中で足を回す動
作は、腹筋と背筋を同時に鍛えることができます。痛みが強いときは決して無理をしないことが大切です。
3.ストレッチをする
立ち仕事や座り仕事が続くと、背中の筋肉が緊張してこりを感じます。手を上にあげて体を伸ばしたり、肩や首を大きく回すなど、簡単なストレッチ
を数時間ごとに行うことで、筋肉の緊張がやわらぐので続けてみましょう。
4.ぬるめのお風呂にゆっくりつかる
40℃前後のぬるめのお湯にゆっくりとつかることで、血行を促進して背中の筋肉の疲れやこりを改善することができます。入浴中に背中を伸ばした
りすると、さらに血行改善の効果があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

キャンペーンのご案内

1日1名様限定 おひとり様1回限りで体験施術キャンペーンをご利用頂けます。

体験施術キャンペーン

※重度の腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛の方が対象です。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

くろねこ腰痛整体院は、「完全予約制」となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話: 090-1754-4466

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

名古屋市南区「くろねこ腰痛整体院」へのお電話はこちら

住所 〒457-0862 名古屋市南区内田橋1丁目3-4 (スギ薬局内田橋店の目の前です)
電話番号 090-1754-4466 (完全予約制)
営業時間 9:00~23:00 (日曜日は17時まで)
定休日 不定休
最寄駅 地下鉄名城線「伝馬町駅」徒歩8分
名鉄常滑線「豊田本町駅」徒歩8分
駐車場 お客様専用駐車場3台有り

PAGE TOP

アスリートメニュー
会社概要COMPANY



名古屋市南区 腰痛専門整体院
「くろねこ腰痛整体院」

住所:〒457-0862
名古屋市南区内田橋1丁目3-4

090-1754-4466




MENU

MAIL

TEL
HOME