名古屋 肩腱板損傷

【完全予約制】Tel:090-1754-4466

名古屋 肩腱板損傷

2014-08-05

肩の腱板とは俗に言う肩のインナーマッスル(回旋筋腱板)と言われており、役割は上腕骨(腕の骨)と肩甲骨のバランスを
とって、安定させるための筋肉が腱板です。この腱板が腕を上げるときに骨と骨の間ではさまれ、傷がつく事で炎症が起こり
痛みが出るのが腱板損傷といいます。原因は肩のオーバーユース(使いすぎ)なのですが、まれに肩を強くぶつけた時に、腱板
が切れてしまうケースもあります。基本的には腱板損傷は、肩のスポーツ障害なのですが、それ以外にはシニアさんたちの腱板
が損傷したり断裂したりする事があり、腱板自体が老化し、柔軟性が低下したり、水分量が少なくなっている状態で急な力が加わ
り、アキレス腱の断裂と同じように断裂してしまう事もあります。スポーツ障害で起こる肩腱板損傷は治療法がはっきりしています。
まず、急性期(痛みの激しい時期や痛み始めて時間が経っていない時)には肩関節を思いっきり冷やすアイシングを行うべきです。
なぜかと言うと、腱板損傷の原因は肩の炎症にあるので、その炎症を抑えるためにも、まずはアイシングやアイスマッサージを行います。
急性期にしっかりとアイシングができたら、次はしっかりと温める治療に切り替えます。組織の損傷をできるだけ早く修復させるには
患部を温めて、血流を促進することで回復は早くなるので、慢性期にはスポーツマッサージ、電気治療、マイクロ波治療などを行います。
 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

キャンペーンのご案内

1日1名様限定 おひとり様1回限りで体験施術キャンペーンをご利用頂けます。

体験施術キャンペーン

※重度の腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛の方が対象です。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

くろねこ腰痛整体院は、「完全予約制」となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話: 090-1754-4466

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

名古屋市南区「くろねこ腰痛整体院」へのお電話はこちら

住所 〒457-0862 名古屋市南区内田橋1丁目3-4 (スギ薬局内田橋店の目の前です)
電話番号 090-1754-4466 (完全予約制)
営業時間 9:00~23:00 (日曜日は17時まで)
定休日 不定休
最寄駅 地下鉄名城線「伝馬町駅」徒歩8分
名鉄常滑線「豊田本町駅」徒歩8分
駐車場 お客様専用駐車場3台有り

PAGE TOP

アスリートメニュー
会社概要COMPANY



名古屋市南区 腰痛専門整体院
「くろねこ腰痛整体院」

住所:〒457-0862
名古屋市南区内田橋1丁目3-4

090-1754-4466




MENU

MAIL

TEL
HOME