名古屋で首肩の痛みなら

【完全予約制】Tel:090-1754-4466

名古屋で首肩の痛みなら

2016-04-12

肩こり・首の痛み
 肩こりにもいくつか種類があります。今回は6つの原因に分けていきます。
1.筋肉疲労による肩こり
主な症状は肩が脹る・肩が重い・肩の上に鎧を載せられたよう・首から肩にかけてセメントで固められたようとも言われます。
 この肩こりの原因は、筋肉の疲れや過緊張、負担がかかり過ぎる、筋肉の中での血行不良によることが多いです。また、夏の暑い時期に冷房の近くにいる、あるいは薄着をして首から肩の皮膚が見えるような服装をしていると、筋肉自体が冷やされます。すると、肩周辺の筋肉の中の血管が細くなって血行障害を起こし、筋肉が硬くなってしまうことから肩こりを訴える方もいます。
 後頭部から鎖骨、肩甲骨周辺、さらには背中まである筋肉での問題や異常が、これらの症状を引き起こします。
2.頸の骨や周辺の血管・神経の問題による肩こり
主な症状は首全体が脹って締め付けられたような感じがする・頸から背中にかけての背骨も重苦しく感じる・横になっていれば楽なのに、起き上がると頸の骨にズンと重さを感じる頭痛を伴う肩こりがみられます。
背骨に問題があって起こる肩こりでは、「筋肉疲労による肩こり」で挙げたような肩の症状に加えて、以上のような症状が見られます。
ひどくなると肩や腕、あるいは手にかけて痺れるような感じや、物に触れても鈍く感じる、熱いものや冷たいものに触れても温度を感じない、あるいは手や指先、腕に力が入らない、場所によっては脚の痺れや動きがぎこちないなどの症状が現れたりします。
 このような症状が出てくると重症ですので、すぐにでも整形外科を受診することをお勧めします。
3.ストレスによる肩こり
体や精神にストレスを受けると、肩こりになります。ストレスをうけると、筋肉を緊張させる交感神経の働きが活発になるからです。交感神経の働きが強くなると肩周辺の筋肉内の血管が収縮してしまい、血液循環が滞って、肩こりが起こります。
4.目の疲れによる肩こり
長時間の目の酷使により疲労が蓄積されて起こる症状を眼精疲労といいます。この眼精疲労が肩こりを招く場合があり、目の神経と体の筋肉は密接に関係していて、目の神経が疲労すると目や頭のまわりにある筋肉や首筋の筋肉が緊張して、血行不良となるからです。
5.歯のかみ合わせ不良、顎の関節の問題に由来する肩こり
主な症状は「筋肉疲労による肩こり」と同様、加えて首の前側でも脹った感じがする、口を大きく開けられない、口を開けると耳の前側で「カクッ」と音がする、口を開けると痛いなどがあります。
 歯のかみ合わせが悪くて食べ物を噛むときに下顎の骨がずれたり、顎関節症などによって顎の痛みを感じる場合にも、肩こりが伴います。
 その肩こりの症状や原因は、先の「筋肉の疲労などによる肩こり」とほぼ同じなのですが、顎関節周辺にも症状が伴ってきます。これらの顎周辺の症状は、耳の前側にある顎関節自体に問題がある場合と、食べ物を噛むときに使われる筋肉が異常に緊張していることに由来します。
 また、下顎の骨を動かすときは、頸の周りの筋肉も一部役割を果たしているため、下顎の骨が動く咀嚼運動に問題があると、頸の筋肉にも影響が及びます。
6.頸部や胸にある臓器に問題があって起こる肩こり
主な症状鎖骨や肩甲骨周辺が何となく重だるい・マッサージをしてもあまり楽にならない・肩以外でも何かすっきりしないものを感じるなどがあります。
胸、正しくは胸郭や頸部にある臓器に問題がある場合でも、肩こりが見られる場合があります。その臓器とは、胸郭では主に心臓、肺、大動脈、頸部では甲状腺が挙げられます。
 狭心症や心筋梗塞などの心臓病では一部の方で、特に左肩やその周辺から胸にかけての痛みを感じるようです。
 ただ、心臓が酸欠を起こしていない状況では、肩に症状が出ないこともあり、肩こりとしては慢性的なものではないようです。
 また、肺に病気のある方では、問題のある肺と同じ側の肩に症状が出てきます。この場合は、筋肉が脹るというよりは、何となく肩全体が重いと感じるようです。もちろん、肩以外の部分にも症状を伴うことがあります。
肩こりを予防するためには、肩を動かすことが大切です。肩の痛みやこりは、痛いからといって肩を動かさないでいると、筋肉や関節が硬くなりよりひどい状態になってしまいます。肩こりを防ぐには、まずからだを動かす意識を持つことから始めましょう。日頃から、正しい姿勢を心がけることも大切です。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

キャンペーンのご案内

1日1名様限定 おひとり様1回限りで体験施術キャンペーンをご利用頂けます。

体験施術キャンペーン

※重度の腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛の方が対象です。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

くろねこ腰痛整体院は、「完全予約制」となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話: 090-1754-4466

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

名古屋市南区「くろねこ腰痛整体院」へのお電話はこちら

住所 〒457-0862 名古屋市南区内田橋1丁目3-4 (スギ薬局内田橋店の目の前です)
電話番号 090-1754-4466 (完全予約制)
営業時間 9:00~23:00 (日曜日は17時まで)
定休日 不定休
最寄駅 地下鉄名城線「伝馬町駅」徒歩8分
名鉄常滑線「豊田本町駅」徒歩8分
駐車場 お客様専用駐車場3台有り

PAGE TOP

アスリートメニュー
会社概要COMPANY



名古屋市南区 腰痛専門整体院
「くろねこ腰痛整体院」

住所:〒457-0862
名古屋市南区内田橋1丁目3-4

090-1754-4466




MENU

MAIL

TEL
HOME