名古屋市南区 気圧性頭痛

【完全予約制】Tel:090-1754-4466

名古屋市南区 気圧性頭痛

2016-08-31

気圧性頭痛って聞いたことありますか?
初めて耳にした、という方のために、今回は「気圧性頭痛」について詳しく説明します。
【気圧性頭痛とは】
最近急増中の「気圧性頭痛」は、特に女性に多く見られる頭痛の一つです。
その名の通り気圧の変化によって影響をうける頭痛のことで、頭痛の2割は、このタイプだと言われています。
中でも天気がころころと変わり、どんよりとした天気が続く5月から7月までは、低気圧が頭痛にかなりの影響を及ぼすとされています。
科学的に特定することは、今のところ難しいですが、相関関係があってもなんら不思議ではありません。
現在、次の説が有力とされています。
・気圧の変化によって、頭がい骨内の圧が変化。
それによって血管が激しく収縮し、それが三叉神経を刺激して痛みを生じる。
・気圧の低下によって急激に血圧が下降。
その結果、血圧の流れが変化し、血管拡張により痛みを生じる。
気圧性頭痛は、偏頭痛の症状とよく似ていますが、天気がどんよりとしてきた、低気圧の日に頭が痛くなる、という方は、気圧性頭痛を疑うといいでしょう。
【気圧性頭痛の対処法を教えて】
効果は人それぞれですが、気圧性頭痛は、血管の急激な収縮によるものが原因であることは明らかなので、血管の働きを安定させるのが症状緩和、予防の方法です。
■患部を冷やす
ズキズキと痛みを生じる部分に冷たいタオルをあててください。
それによって、血管の働きが抑制され痛みが緩和できます。
気圧性頭痛の疑いのある方は、額に貼るタイプの冷湿布を常備するのもおススメ。
■強い「衝撃」を避ける
脳に強い刺激を与える音、光などを避けるようにしましょう。
強い「衝撃」によって血流が活発となり頭痛の原因となります。
■カフェインを摂りいれる
一時的な対処法ですが、コーヒー等カフェイン飲料はおススメ。
カフェインには血管収縮作用があり、痛みの緩和に最適です。
ただし飲みすぎは禁物。
■「チラミン」を避ける
チョコレートや赤ワインに含まれる「チラミン」という物質は、血管収縮作用が高いため頭痛を引き起こします。
過剰摂取や天気の悪い日などは出来る限り摂取をさけるようにしましょう。
■睡眠
気圧性頭痛は、脳の機能が不安定で、些細な刺激に敏感になっている可能性も考えられます。
そこで、脳の機能を安定させるためにも、質の高い睡眠を心がけましょう。
脳に十分な休息を与えることによって、血管の働き、神経の働きを整え、正常な機能が取り戻せます。
睡眠は、自律神経のバランスを整える、ストレス解消にも必要なので、気圧性頭痛がある方は、可能な限り規則正しい生活習慣へと改善してください。
以上の方法で、ある程度の気圧性頭痛の予防、改善、緩和は期待できます。
しかし、何をやっても痛みがひかない、逆に痛みが強くなった、いつもとは違う痛みを感じる、という場合は、別の病気の可能性もあるため、自己判断せず、すぐにお近くの病院で詳しい検査をうけるようにしましょう。
名古屋市南区 気圧性頭痛なら、「くろねこ腰痛整体院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

キャンペーンのご案内

1日1名様限定 おひとり様1回限りで体験施術キャンペーンをご利用頂けます。

体験施術キャンペーン

※重度の腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛の方が対象です。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

くろねこ腰痛整体院は、「完全予約制」となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話: 090-1754-4466

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

名古屋市南区「くろねこ腰痛整体院」へのお電話はこちら

住所 〒457-0862 名古屋市南区内田橋1丁目3-4 (スギ薬局内田橋店の目の前です)
電話番号 090-1754-4466 (完全予約制)
営業時間 9:00~23:00 (日曜日は17時まで)
定休日 不定休
最寄駅 地下鉄名城線「伝馬町駅」徒歩8分
名鉄常滑線「豊田本町駅」徒歩8分
駐車場 お客様専用駐車場3台有り

PAGE TOP

アスリートメニュー
会社概要COMPANY



名古屋市南区 腰痛専門整体院
「くろねこ腰痛整体院」

住所:〒457-0862
名古屋市南区内田橋1丁目3-4

090-1754-4466




MENU

MAIL

TEL
HOME